蜂退治が終わった後も油断は禁物【自分でできる蜂対策とは】

電話一本で一安心【迅速確実に対処する蜂駆除のプロ】

蜂の巣を作らせない方法

蜂

蜂の駆除業者に依頼した後も、別の蜂が巣を作ってしまう可能性があります。そのため、蜂を退治した後も、蜂に巣を作らせないようしっかりとした対策が必要となるのです。

方法の1~テープやシートを使用する~
以前蜂が巣を作った場所は、別の蜂にとっても巣を作りやすい環境であると考えられます。蜂が巣を作った場所に、テープやシートを設置しておけば、蜂はシートに滑ってしまい巣を作れなくなります。殺虫剤は臭いがあるし健康にも害をきたしそう、という人にオススメの方法です。
方法その2~殺虫剤を撒く~
単独で飛んでいる蜂は、エサを集めるほかに巣作りをする場所を探している可能性があります。家の敷地内に入ってきた蜂を見つけ次第殺虫剤で退治することで、敷地内で巣作りされることを防げるのです。ハエや蚊用の殺虫剤では効果が低いため、必ずピレスロイド系の蜂専用殺虫剤を使用しましょう。

まとめ

蜂の巣が再びできてしまうと、また駆除業者に依頼しなければならず、手間や費用の負担が問題となります。巣を作らせない対策を講じることで、こうした負担も解消できるでしょう。

春先は女王バチが徘徊~自分で作れるハチ退治アイテム~

スズメバチは冬眠から目を覚ます春頃に、女王蜂が単体で巣を作る場所を探します。そのため、春先に現れる女王蜂を捕らえるトラップを設置すれば、敷地内で巣作りをされることを防げます。誰でも簡単に作れるペットボトルを使用したトラップをご紹介します。

用意するもの

  • 1.5リットルのペットボトル(凹凸のない、丸いタイプ)
  • 酒(1升/1.8リットル)
  • 酢(600ミリリットル)
  • 砂糖(750グラム)
  • ぶどうの皮(1枚)
  • ※およそ8本分の分量が作れるため、ペットボトル8本に入れて家の各所に設置しましょう。

作りかた

ペットボトルの側面に、油性ペンなどで1.2~1.6センチの四角形を3箇所書きます。

書いた四角形の線にカッターで切り込みを入れます。下の線だけは切らずに残しましょう。

先程の酒・酢・砂糖を混ぜた溶液を、7センチくらいの高さまでペットボトルへ入れます。

最後にぶどうの皮を入れて完成です。

まとめ

以上が、普段捨てているペットボトルをリサイクルを利用して蜂を捕まえるトラップです。一度ペットボトルの中に入ったら出られない作りに加工し、中に蜂をおびき寄せる誘引剤(ゆういんざい)を入れることで作れる、大変シンプルなトラップです。実際に使用する際は自分の身に危険が及ばないように十分注意しましょう。

TOPボタン