自力でなんとかしたい人へ!危険な蜂の駆除方法

電話一本で一安心【迅速確実に対処する蜂駆除のプロ】

ハチ退治は自分でもできる~効果的なやり方~

巣が小さく危険性が低い場合であれば、自力で対処をすることも可能です。安全に蜂を駆除するには、どのような方法があるのでしょうか。

用意するアイテム

  • 防護服
  • 蜂専用の殺虫剤(スプレー式がオススメ)
  • ゴミ袋
  • ほうき・ちりとり

ハチ退治の流れ

巣から離れたところから殺虫剤

巣に殺虫剤を掛けると、すぐに蜂が巣から飛び出してきます。攻撃されないよう、ある程度距離を空け離れて噴射しましょう。30秒から60秒殺虫剤を掛け続け、巣の中まで薬剤を浸透させましょう。

巣を取り除く

棒を使って巣の上部を叩き、巣をゴミ袋へと落として回収しましょう。ゴミ袋は、虫取り網の網の部分を取り除き、ゴミ袋を取付けたものを使用することで、離れた位置からでも巣を撤去できます。

ゴミ袋に入れる

巣を落としたことで中の蜂が出て来ることがあるので、殺虫剤を撒きながら近づき、ゴミ袋を閉じます。たくさんの蜂が出てきた場合、無理に近づくことはせず、蜂がいなくなるまでその場を離れるとよいでしょう。

大きい巣は自分で退治するのは危ない?!

巣が大きければ、大きさに比例して中の蜂の数も多くなります。大型の蜂の巣を撤去する場合、大量の蜂に襲われるリスクがあるため危険なのです。

プロのアドバイス

大きい蜂の巣は業者に任せたほうが安全です!(ハチ駆除のプロ)

蜂の巣の撤去中に蜂に刺されたとしても、怪我の補償などは受けられず全て自己責任となってしまいます。防護服を着用し、効果の高い薬剤を使用しなければ、大量の蜂に刺されて重篤な被害を受けるリスクがあるため危険です。特に毒性の高いスズメバチの駆除となると一筋縄ではいかないので、無理せず駆除業者に任せましょう。

TOPボタン